レッスン便り|研究科スタート・エパタント

2018年も残すところわずかとなりました。
研究科に進むことを目標に、ラナンレイでは意欲的にAPJの全モデルについて修得してきた2018年でした。
この度、ようやく研究科第1番目の作品「エパタント」を習いました。
なかなか根気と裁量が必要な作品となりますが、一方ではいくつも作りたくなるような不思議な魅力があるように思います。
完成形にもバリエーションがあるため、雰囲気が異なったものや配色の楽しみなどますます広がる夢の世界といった感じです。

こちらはカリキュラムレッスンからラヴァンセ15作品、フェリシテ15作品を全て終えてから習うことができます。
道のりは遠く感じますが、やり始めて見ると「なるほど!」「そうくるのね!」といった驚きや喜びに満ちていてとても楽しく時間が過ぎていくものです。
また、それとは別に単発メニューが現在24作品あり、気軽に楽しめるこちらのレッスンにもお気軽にご参加ください。
2019年3月からは隔週で横浜駅直結という恵まれた環境でMONOTORY登録講師として、こちらの単発メニューの中からワークショップを定期開催いたします。月替わりで案内は別途、公式発表後にご案内いたしますのでお楽しみに!

2019年にまた新しいことを始めてみようと思う方、ぜひこの楽しいタッセル作りはいかがでしょうか。


ラナンレイでは今後も海外で見つけた珍しいものなどを取り入れて、楽しいワークショップを行って参りたいと思います。

モロッコでこの夏に入手したサブラ糸のタッセルに被せてみたところ、面白いものになりました。エパタントは楽しい作品です。